FC2ブログ
topimage

2013-06

あまりにも・・・ - 2013.06.19 Wed

先月くらいから、うちの嫁が、幼児園に次女を送り迎えする際に、昔私が持ち込んだ国カブのケースが目に入るそうですが、4月末頃にマット上面が糞だらけなのを発見し、先生方にマットの交換を指摘したそうです。
その時の事は、私にも相談があったので覚えておりますが、時期的にマットを交換するべきなのか、しないほうが良いのかを、悩んだ覚えがあります。
私は、もう触らないほうが良いぞ~と言っておいたのですが・・・。

今年の春に、私と交流のあった、クワ友の先生が、他所の職場へ移動になって、自分の飼育分は自宅へ持ち帰ったようですが、幼児園で飼っていた分はそのまま置いて行ったようです。
でも、園長先生曰く、このカブトムシの世話は、シロ組さんが担当ですから!って言ってましたので、世話は任せて行ったはずです。

数日前に、ケースの上面に蛹が数頭転がっていて、1頭は角のみ出して埋もれているとの事。。
写メを拝見した私は、「生きてるのかどうかを見て来いや!」って言っておいたのですが、今日嫁が突いたところ・・・グリングリンと動いた!と言ってきたので、助けてやりたいから連れてこいや!って言ったんです。

ですが・・・嫁が園長先生に、救出したいから持ち帰ります!と言うと、「訳があって、わざとこのままにしております。。」と言ったそうです。
「教材として、子供に見せているんです」とも言ったそうです。

私は、持ち帰ってくると思って、家にあるマットとオアシス、そしてトイレットペーパーの芯などを集めて、観察できるようにセットを作っていた所に、嫁が帰ってきて、「もう、いいよ。。ほっとけばいいよ。。」って・・。


結果的に、先生方はマットが手に入らなかったという事で放置しており、先日になって手に入れたマットに交換しようとケースをひっくり返したそうです。
その際、当然のように蛹が出てきたようですね。
そこで、どうしたらよいのかわからないのであったら、聞くなり、調べるなりすれば良いわけなんですが、そのまま埋め戻して・・・。
嫁が、救出したいと言っても、「わざとですから、ほおっておいてほしい」と言われてしまい、虫が嫌いな嫁でも、かわいそうだと思い、「これからは、このケースの前を通る際、上を向いて歩き、見ないようにします!」って嫌味を言って帰ってきたそうです。

そのまま羽化したら、不全もしくは★になることを知っていての事らしいので、複雑な気持ちになりましたね。。
不全を起こした虫が、羽化したら・・・子供もショックなような気がしますが。。
どんな意味のある教材何でしょうねぇ?

蛹を見せたいのであれば、観察できるようなセットを組む!って言っているのに断られるんでは、救えません。

いろんな、考え方、そして教育方針などあるとは思いますが、なんか複雑な気持ちになった日でした。。




あと、今日九頭龍の3ラインを割ってみました。
3ライン中、2ラインはほとんど齧っておらず、結果の良かったラインのインラインのみ、齧ってはおりましたが、なんとなく、嫌な予感がしており、下手すりゃ♂の種無しで、すべてボウズかも!?って思っておりました。
ですが、結果的に坊主は1ラインで、齧っていたインラインはわずかではありますが、4頭GET(^^)
もう1ラインはド初令含めて7頭採れました!
本当は、インラインを10頭くらい、他で7~8頭ほどやりたかったのですが、思うようにはいきませんね。
でも、2ラインだけでも採れてホッとしてます。
一応、2本目も齧らせましたので(見た目はやはり齧ってませんが・・・)、もう少し増やせるかな!?
でも、インラインのみ増やせれば良いので、あとは共食い覚悟の(意外と減りませんがね)多頭飼育で・・・。

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

 sendo         FC2

Author: sendo         FC2
クワガタと釣りが大好きです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Diary (1216)

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

願いを叶えるドラゴンレーダー

kurepelin.com

検索フォーム

あなたへ贈る 地球の名言



presented by 地球の名言

禁煙カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

価格