topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験談その2 - 2017.08.01 Tue

皆さん、こんにちは。

今日は体験談その2を書きたいと思います。

先日書いた出来事から2年後の高3の夏休みの出来事です。

私は5月生まれで、18になった早々に車の免許は取得済みでしたが、先日も登場した友人は夏休み中に取得完了。
取得したその日の夜、友人の親のミラを借りて、またまた三国方面へドライブをしたんです。

私も免許は取っていましたが、車はもちろん持っておらず、友人は免許を取ったばかりの初々しい状態ですので、お互いに「制限速度を守ろうな!」という感じで安全運転を常に心がけ、ノロノロ運転で楽しんでいたんです。

で、サンセットビーチの方から東尋坊のほうへ向かっていき、東尋坊の入り口の信号を抜けたところで事故を起こしたんです。

東尋坊の入り口を通り過ぎるとすぐに、左へ緩やかなカーブになっています。

そのカーブへ差し掛かった際、運転している友人はもちろん、私自身もそのカーブがヘアピンカーブのようにグニャッと曲がっているように見えたんです。

何度も言いますが、制限速度はきっちり守っていますので、ノーブレーキで楽勝で曲がれるカーブです。

ですが、ライトが照らしたカーブはヘアピンカーブでした。。

私が「深い!!」って叫んだと同時に、友人がハンドルを切りたしたためアンダーが出て、焦った友人はブレーキを踏み、そしたらケツが流れて3回くらい海側を向いたり山側を向いたりと、ギュルギュルとジグザグ走行となり、山側の電柱にガッシャーン!とぶつかったんです。
ジグザグ走行の時、私は頼むから海側の崖には落ちないで〜(/o\)っ祈ったのを覚えていますね(^^;

当時はまだシートベルトはうるさくなく、ベルトをしていなかった私はフロントガラスに頭をぶつけ、左デコの上を3×5センチ大に皮膚ごと持っていかれ、ハゲ頭の血まみれ男となったんです。
これねぇ余談ですが、高3の私にとっては一大事でして、髪の毛が生えてくるのかどうか・・・真剣に悩んだんですよねぇ(^^;



まぁ、車はどう見ても廃車。

車もそれほど通るはずもなく、携帯も無い時代ですので、連絡するには暗い中、あの東尋坊へ行き、公衆電話で電話するしか方法はなく、肝試しでもないのに、めっちゃビビりながら生身の体で東尋坊へ行った日でもありました。

公衆電話で電話していても、周りの林の中から、枝をパキパキと踏み鳴らしながら歩くような音が聞こえまくり、涙ちょちょ切れそうだったのを覚えています。。

友人の父親に電話して車に戻ると、看護婦だという人が止まってくれていて、すでに救急車を呼んでしまっていました。
車は事故っているが、中に人がいないから心配してくれていたようで、私が血まみれで東尋坊の方から現れたものだから、その看護婦の人が「うわっ!!」って驚いていたのも覚えていますわ(^^;

まぁ。その看護婦の方が言うには、そのカーブでは、しょっちゅう事故が起こっているみたいでした。



その後、そこは何度も通りますが、制限速度で曲がれないようなカーブではありません。。

しかし、私も友人も急カーブに見えたんです。。

たまたまでしょうか・・・・。




スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

 sendo         FC2

Author: sendo         FC2
クワガタと釣りが大好きです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Diary (1209)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

願いを叶えるドラゴンレーダー

kurepelin.com

検索フォーム

あなたへ贈る 地球の名言



presented by 地球の名言

禁煙カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

価格

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。