topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実を受け止めて - 2015.07.31 Fri

あちー

出る言葉はこればかり。。(^_^;)

今日は、春に入れた網に、貝や藻がついて汚れるのですが、それをキレイな網に入れ替えるという作業をしました。
今日はまず、隣りの網を入れかえる為に、私達が応援に行ったわけですが、夜中から漁をして、出荷したあとに休憩する暇もなく隣の応援に入るので、疲れもハンパなく、更にこの炎天下で、ぶっ倒れそうでしたわ(>_<)

しかも、今日は風が無く・・・カッパを着ての仕事は地獄そのもの・・・

予定の倍の時間がかかりましたが、無事熱中症のじじいも出さずに、終えることができました。

でも、終わったのは隣の仕事であり・・・来週は自分たちの網の入替(^_^;)

暑くなけりゃ、そこまで辛くもないのでしょうが、夏場の炎天以下での決まりのない失敗の許されない仕事はつらいですね。。

地獄は続きます。。(T_T)

しかし、乗組員のじいさんの1人が、自宅で漬けた梅酒の梅をたくさんくれたんです。
夏バテ防止になるから、この梅を2粒ずつくらい齧って仕事に来なはれ!って(^^)
ありがたいね。
効き目のほどは定かではありませんが、うまいんですよ!梅が(^^)
今、ハマってます♪


さて、チョネさんがやってくれましたね!
久留米の暗い事件の後ですから、この明るいニュースはうれしいですね!
おめでとうございます!

その後ですし、お恥ずかしい限りですが、どんな失敗があろうと、どんな事件があろうと、現実は現実と受け止めて、けじめとして今年の羽化報告をさせてもらいます。。

まずは、見苦しい言い訳から(^_^;)

昨年は2本目から3本目の段階で、メイン温室の一角を除いて!?異常が見られ、ことごとく体重ダウン。
一角を除いてというのは、これはおかしい!と思って、それが温室内の何らかの問題だと思い始めた時には、すでに数十本をランダムにボトルの交換をし始めてしまっていたので、確実に言いきれはしないのですが、ダウンしなかったボトル軍が下左隅あたりにかたまっていたように思えています。
どのボトルが、何処にあったかを把握していれば、もっと検証ができたのですが・・・

そして、肝心の何があったのか?なのですが、まずエサの問題を疑いましたが、昨年は私としては珍しく、3メーカーの菌糸を使い、最終的は4メーカーの菌糸を使っていますが、問題の起こった2本目から3本目の段階では3メーカーでした。
その全てでおかしな経過を示しましたので、私としてはエサではなかったと思っています。
でも、ボトルの状態は、3メーカーとも例年に比べても、ひどく汚い、劣化した状態が多かったのも事実ではあります。

次に温度等ですが、見ていない深夜等に、毎日電気が落ちていたような事でもなければ、私の知る限りあそこまでの体重減を起こさせるような状態ではなかったはずです。
でも、例年より温室のつまり具合はかなりのもので、温室内の温度差もありましたし、なんていうか、空気のよどみ!?みたいなものは少し気になりましたので、すぐにやれる範囲で改造はしましたが、詰め込み過ぎでは何をしても効果薄ですので、今年の課題となりました。
ちなみに、去年と比べて、設定温度等を極端に変えたりはしておりませんでした。

ただ、たまたまだったのですが、管理の問題で、全部ではありませんが、自ブリ以外の、里子や幼虫で購入させてもらった奴は虫家に入れていたのが多かったのですが、それらの中には変な体重減等は一切なかった事が、温室を疑う事に拍車をかけました。
同じ里子や、購入虫の中でも、メイン温室に入れてあったものは、体重減したのもいますし、温室内で何等か問題があった事は事実だと思っています。
まぁ、それはたまたまで、自ブリはハズしていただけじゃない?とも思いましたが・・・nabeちゃんからの能勢の里子までおかしかったので、やはり、温室内の問題だった思っています。

と、そのくらいしか検証ができていないのが事実で・・・本当の原因を突き止めていないから、今年が怖い。。(^_^;)

同じ失敗は繰り返しちゃダメですからね。。


そして、たまたま虫家に入っていたり、おそらくではありますが、温室内の一角で、温室の呪いから逃れた虫の中から、我が家では初めての43.3gを筆頭に、39g ・・・とデカい久留米の幼虫を拝むことができ、その数十頭に希望を託し、3本目へ交換を終えました。

ですが、3本目で使った菌糸のうち、1メーカーの菌糸でトラブルが・・・

詰めた時は、一旦は白くなったんですが、幼虫を投入したもの、してないもののどちらにもかかわらず、白さが薄れていき、薄いグレー、そして最後には濃いグレーになり腐る・・・
これは、3回にわたって注文したんですが、その3回目に注文したロットでおこりました。
今思えば、詰めた時に若干フルーティーな香り!?がしたようなしないような・・・
異常な体重減のオンパレードで、気が滅入っていた事は言い訳にできませんが、結果的に温室の呪いを逃れた、スーパー幼虫たちもそのボトルに入れてしまいました。。全部ではありませんでしたが。。
数日後、その幼虫たちは大暴れ・・・
その時は何が起こったのか、全くわからず、もう泣きべそかいてましたよ・・毎日。
グレーになったボトルに投入したわけではないんです。
白かったボトルに投入はしたんです。
グレーになる前に、幼虫は異変を感じ!?大暴れしました。

デカかった幼虫分だけ、数日後に交換しましたが、39g→30gのように、とんでもない状態でした。

特別デカかった奴以外は、もう放置としたことにより、グレー化ボトルになる現象を見るハメになりましたが、幼虫を未投入のボトルも同じように劣化?していきましたね。。
雑菌なのか何なのか・・・
ある方は、何とか菌が温室内にいるんですよ!って言われましたが、そんなのがいるんだったら、他の菌糸メーカーのボトルも同じ現象になるのでは?と思います。
クレームではなく、原因を知りたくて、メーカーさんに電話で状況を話してみたところ、たまに起こる現象とか・・・(-_-;)
もう二度と、経験したくないので、今年はそのメーカーは使っておりません。(どこかと聞かれても、言えませんのであしからず。。)
同じ現象は、同菌糸を一部使われていた田舎っぺ。さんにも確認したところ、田舎っぺ。さん宅でも起こっていましたので、何とか菌の温室内の繁殖ではないと確信しましたので、今年は特別に消毒等はせずに、温室を使っています。

ちなみに、43.3gは温室の呪いからは逃れ、さらに菌糸トラブルからも逃れました。

もう、私はこの1頭だけに望みを託してモチベーションを保ってきたと言っても過言じゃなかったです^_^;
でも・・・・・
結果は後で。。


まぁ、そんな1年でした。



そんな年でしたが、現実はきちんと受け止めて、チョネさんの後では恥ずかしい限りですが、84㎜以上の個体だけ羽化報告させてもらいます。

まず、ガッタさんラインから1頭
14KU 15005 84㎜

14KU 15005 84㎜ノギス

ほんのすこーしだけ僅かにお尻が出てるのですが、ギリ84㎜。

キレイな個体です。


次は、クマモンさんからの里子でクマモンさん3番から
14KU 19006 843㎜

14KU 19006 843㎜ノギス

艶消しボディーだからというのもありますが、お尻が小さく、逆三角形でカッコイイです。
このライン、クマモンさんところでもカッコイイ個体が多く、あの2本目からの材飼育でさらにカッコ良くきれいな84㎜台の虫が出ているラインです。
主水さんところに旅立ったそうですが、材の蛹室と一緒にブログで紹介されてますね!
素晴らしいですね!


次は、shimaさんラインで我が家の16番から。
14KU 16015 846㎜

14KU 16015 846㎜ノギス
shimaさんのラインのイメージとは違う個体群が羽化してます。
shimaさんラインのイメージは、細目で薄くスラッとした、還元率の良い虫がイメージなんですが、体重が乗ったからか、ゴツめの個体が多かったです。
この個体が43.3gだった虫です。。
難は逃れたのですが、触らないように温室の奥へ入れたのですが、気が付いた時には白いところが無いくらいに大暴れしていて、更にすでに蛹室作成済みでした・・・^_^;
モチベーションが下がっていたので、放置でしたからねぇ・・・言い訳もできないです。。



次もshimaさんのラインですが、メス違いの別ラインで我が家の17番です。
14KU 17010 843㎜

14KU 17010 843㎜ノギス



14KU 17015 852㎜Ⅱ

14KU 17015 852㎜ノギス


このラインも、16番と同じ傾向で、イメージとは違うゴツさが出たラインとなりました。
ただ、頭幅こそ普通なのですが、胸幅が太い・・・そんな個体が多かったです。

久留米は以上です・・・





まぁ、第2の言い訳ですが、自業自得で情けない限りではありますが、我が家は先日の一件にかかわる虫が、131頭いました。。
我が家としては、自ブリの大半に使ってしまっていました。。

それ以外の少ないラインの飼育数からですので・・・^_^;


まぁ、1から出直しのつもりで、初心に戻り、久留米ででっかいのを出す事を目標に頑張ります。



nabeちゃんからの能勢の里子は、完品では85.5㎜。
翅パカでは88㎜以上の奴が羽化しました。

あの環境でも、楽しませてくれました!

ありがとね!

しかし、能勢の里子も、nabeちゃんご多忙につき、去年で最後となりました。

里子はいいけど、仕事が楽になって、また一緒に楽しめる日を待ってるよ♪



あーー疲れた。

最後まで見てくれた方、ありがとうございました^_^;








スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは。

今年は良い菌糸に出会いたいですね( ̄▽ ̄;)
しかしそんな中でも結果を出されるsendoさんは
流石です♪(* ̄∇ ̄)ノ

こんにちわ

なんだかんだぼやいていてもキッチリと85と84
出しているところが流石sendoさん
お互いに今年度はリセットして頑張りましょう。

こんにちは

最後まで拝見しました。^ ^
優秀な血統が前提であるならば
外的要因内的要因含め、少しのミスで
結果は左右される。
あらためてそう考えさせられました。

毎年菌糸トラブルはどこでも
起こりますね。
産卵苦戦、菌糸トラブル。
そして組み合わせの当たり外れ。
そして蛹、羽化ステージの不全率。
その中からですから、簡単には
いきません。
そのプロセスが面白い。^ ^
ですが真剣なsendoさんですので
慌てずとも飛び抜けた個体が
出てきます。
そう確信しました。^ ^
楽しみましょう!







こんにちは

たまりませんねこの暑さ。海の上とはいえ大変でしょうね。熱中症気を付けてください。
久留米はトラブルありでも84以上を紹介出来るのは私も流石と思います。
暗い事件から一転明るい話題もありましたし気持ち新たに頑張りましょう^ ^ /

お久し振り〜

トラブルは聞いてましたが、ここまでとは^^;

でもきっちりと結果は出してるのはさすがsendoさん^ ^
逆境の中85UPおめでとうございます!

トラブルがなければ来年は凄いでしょうね^ ^

お互い頑張っていきましょう(^O^)

流石ですね

こんにちは。
トラブルがあっても、このサイズを複数出してくるのは
流石ですね!。
私なんか少数VIP管理で完品は83.4が最高でした(笑)。
今年のブリードはほぼ休止に近い状態ですが、来年はちょっとだけ
気合いを入れてやりますよ(多分)

それと、フルーティーな菌糸は完璧にアウトです。
私も経験済です。

お互いに、今年は来年に向けた充電期間ですね。





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sendo0098.blog89.fc2.com/tb.php/1208-53a15f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なんで・・・・ «  | BLOG TOP |  » ぼちぼちやってます♪

プロフィール

 sendo         FC2

Author: sendo         FC2
クワガタと釣りが大好きです!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Diary (1209)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

願いを叶えるドラゴンレーダー

kurepelin.com

検索フォーム

あなたへ贈る 地球の名言



presented by 地球の名言

禁煙カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

価格

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。